神戸敏成

神戸敏成のプロフィール

photo
出身地 長野県
所属・職名 企画情報課長 
専門分野 植物育種学
専門分類群  
所属学会 日本育種学会、日本園芸学会、国際園芸学会、日本植物分子生物細胞学会、保全生態学研究会
園内担当植物  
コメント 組織培養の技術を用いた植物の増殖・保存・育種をテーマにしています。最近、幻の花と思われていたセンノウが見つかり、すっかり洗脳されてしまいました。
e-mail
godo*bgtym.org
(*を@に換えてメールしてください。迷惑メール対策です。)

論文・著書

1995. Rutihibin, novel plant growth regulators from Streptomyces graminofaciens. Antibiotics 48: 1004-1010. (N.Fukuchi 他と共著)

1996. Effect of sugar type on the efficiency of plant regeneration from protoplasts isolated from shoot tip-derived meristematic nodular cell clumps of Lilium x formolongi hort. Plant Cell Reports 15: 401-404. (K.Matsui 他と共著)

1996. Regeneration of plants from protoplasts of Lilium x formolongi. In: Bajaj, Y.P.S. (ed.) Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 38 Plant Protoplasts and Genetic Engineering VII. pp. 79-89. Springer-Verlag, Berlin. (M.Miiと共著、分担執筆)

1996. 中国雲南省産サクラソウ属 (Primula) 植物の増殖及び保存に関する研究 1. 培養温度が発芽及び生育に及ぼす影響. 富山県中央植物園研究報告 1: 35-39. 1996.ガラス化法によるシンテッポウユリ (Lilium x formolongi hort.) の超低温保存に関する研究. 富山県中央植物園研究報告 1: 41-45. (三位正洋他と共著)

1997. Fertile transgenic plants of Nierembergia scoparia Sendtner obtained by a mikimopine type strain of Agrobacterium rhizogenes. Scientia Horticulturae 68: 101-111. (O.Tsujii 他と共著)

1997. 絶滅危惧植物ミズアオイ (Monochoria korsakowii Regel & Maack.) の発芽特性に関する研究. 富山県中央植物園研究報告 2: 17-22.

1998. Improved plating efficiency of lily (Lilium x formolongi hort.) protoplasts by silver thiosulfate added to enzyme solution. Breeding Science 48: 159-161. (K.Matsui他と共著)

1998. In vitro propagation utilizing suspension cultures of meristematic nodular cell clumps and chromosome stability of Lilium x formolongi hort. Scientia Horticulturae 72: 193-202. (K.Kobayashi 他と共著)

1999. 絶滅危惧植物ミズアオイ (Monochoria korsakowii Regel & Maack.) の富山県内における分布について. 富山県中央植物園研究報告 4: 59-65.

2000. Transgenic Nierembergia scoparia. In: Bajaj Y.P.S. (ed.) Biotechnology in Agriculture and Forestry, Vol. 48 Transgenic Crops III. Springer-Verlag, Berlin. (M.Miiと分担執筆)

2000. In Vitro Culture for Preservation of Triploid Senno (Lychnis senno Siebolt et Zucc., 2n=36), a Valuable and Rare Ornamental Plant. Bull. Bot. Gard. Toyama 5: 35-43. (中田政司らと共著)

2000. Initiation and Proliferation of Embryogenic Callus Culture from Buds in Bulbs of Tulipa praestans Hoog. Bull. Bot. Gard. Toyama 5: 53-57.

2001. Plant regeneration from calli of lilies preserved at low temperature. Bull. Bot. Gard. Toyama 5: 31-36.

2002. 中国雲南省での植物調査記録―2001年調査行程と採集標本リスト. 富山県中央植物園研究報告 7: 45-57. (管開雲らと共著)

2003. 中国雲南省における海菜花 (Ottelia acuminata (Gagnep.) Dandy の自生地調査 (49-54).(魯元学、管開雲と共著)

2004. Micropropagation and characterization of the regenerated plants of triploid Lychnis senno Siebold et Zucc., a valuable and rare ornamental plant. Bull. Bot. Gard. Toyama 9: 9-17.(Takayoshi Oku & Masahiro Mii と共著)(3倍体センノウの微細繁殖及び繁殖個体の特徴)

2004. Triploid property of Senno (Lychnis senno Siebold et Zucc., Caryophyllaceae), a traditional ornamental plant conserved in Japan. Breeding Science 54: 105-109. (共著).

2004. Somatic embryogenesis and plant regeneration from callus cultures of several species in the genus Tricyrtis. In Vitro Cell. Dev.- Plant 40: 274-278. (共著)

2005. Cryopreservation of immature seeds of Bletilla striata by vitrification. Plant Cell Rep. 23(8): 534-539. (共著).

2005. Longevity of seeds of eightorchids pecies native to Japan evaluated by asymbiotic germination in vitro and stainability of 2,3,5-triphenyltetrazolium chrolor chloride (TTC) (長期保存した日本産ラン科植物8種の種子発芽). Bull. Bot. Gard. Toyama 10: 23-28. (Xiaodong Dong, Kazumitsu Miyoshiと共著)

2005. Adventitious shoot regeneration and micropropagation of the Japanese endangered Hylotelephium sieboldii (Sweet ex Hook.) H. Ohba and H. sieboldii var. ettyuense (Tomida) H. Ohba (short communication) Plant Biotechnology 22: 221-224. (共著).

2006. 中国雲南省における2005年. 植物調査記録−アヤメ属(Iris)及びシュウカイドウ属(Begonia)を主要対象植物として. 富山県中央植物園研究報告 11: 25-43. (沈 雲光・魯 元学・李 愛栄・馬 宏・管 開雲と共著)

2007. Effects of ion beam irradiation on survival and mutation induction of triploid Senno (Lychnis senno Siebold et Zucc.)(重イオンビーム照射がセンノウ の生存率と突然変異の誘発に及ぼす影響). Bull. Bot. Gard. Toyama 11: 41-46. (Hajime Okuno, Hiroyuki Saito, Yutaka Miyazaki, Hiromichi Ryuto, Nobuhisa Fukunishi & Tomoko Abeと共著)

2007. 日本産希少植物の繁殖及び長期保存. 日本の植物園における生物多様性保全. 学術図書印刷株式会社.. (分担執筆、共著).

2007. 「種の保存法」と植物園活動. 日本の植物園における生物多様性保全. 学術図書印刷株式会社. (分担執筆).

2007. 全国の植物園の生物多様性の保全への取り組み ―富山県中央植物園―. 日本の植物園における生物多様性保全. 学術図書印刷株式会社.(分担執筆).

学会発表

1996. 中国雲南省より導入したサクラソウ類の特性と栽培に関する研究 2. サクラソウ属の発芽・生育に及ぼす温度の影響. (社) 日本植物園協会第3回研究発表会. (黒川逍他と共同発表)

1997. 絶滅危惧植物ミズアオイの発芽特性に関する研究. (社) 日本植物園協会第4回研究発表会.

2000. In vitro germplasm preservation of lily species utilizing callus culture at low temperature. 4th International Symposium on In Vitro Culture and Horticultural Breeding. (M.Mii と共同発表)

2000. In vitro propagation and recovery of a habitat of Habenaria radiata (Orchidaceae). 第4回国際組織培養及び園芸育種シンポジウム. (大谷他と共同発表) 

2001. Conservation of Orchid at the Botanic Gardens of Toyama. 第7回アジア大平洋ラン会議. (中田他と共同発表)

2002. シラン (Bletilla striata) 未熟胚のガラス化法による超低温保存. 日本育種学会第101回大回. (平野他と共同発表)

2002. 日本に現存するセンノウの倍数性. 園芸学会. (共同発表).

2002. 中国雲南省における海菜花 (Ottelia acuminata) の遺伝資源調査. 日本育種学会第102回講演会 (共同発表).

2003. 3倍体センノウの増殖及び増殖個体の特性. 日本育種学会第103回講演会.

2006. 絶滅危惧植物サルメンエビネの完熟種子の発芽に及ぼす諸要因. 園芸学会平成18年度秋季大会発表. (共同発表).

2006. Conparison of Response in Tissue Culture of Begonia Native to Yunnan, China. 第27回国際園芸学会発表. (共同発表).

2006. Karyotype Analysis in Lychnis senno and its Related Species (Caryophyllaceae). 第27回国際園芸学会発表. (共同発表).

2006. Long-term Embryogenic Callus Cultures as a Source of Tetraploid Plants in the Liliaceous Ornamental Tricytis hirta. 第27回国際園芸学会発表. (共同発表).

2006. Somaclonal variation in Tricyrtis hirta plants regenerated from 1-year-old embryogenic callus cultures. Scientia Horticulturae. 110: 366-371. (共同発表).

2007. カラフトエンビセンノウとツクシマツモト間の種間交雑(Lychnis‘Karafutoenbisenno’×L. sieboldii)による雑種作出およびその形質調査. 園芸学会平成19年度春季大会発表. (共同発表).

2007. 3倍体センノウを用いた種間雑種の作出. 園芸学会平成19年度春季大会発表.. (共同発表).

2007. ラン科希少種エビネ属タガネランの非共生培養法による完熟種子の発芽とプロトコーム形成. 園芸学会平成19年度春季大会発表. (共同発表).

2007. The factors stimulating mature seed germination of Calanthe tricarinata Lindl., a Japanese endangered orchid. 第9回アジア太平洋ラン会議発表. (共同発表).

2007. 富山県内におけるアヤメ科植物の分布と植生. 富山県生物学会発表. (共同発表).